Interview 社員インタビュー

私はここで、頑張っていく。 Yurie プロダクトセールス部

TOP > 社員インタビュー(営業 Yurie)

Q1 私の仕事

社員インタビュー(営業 Yurie)01

自社製品の販売。

メディアリンクの営業スタイルは、反響営業スタイルです。販売代理店さんからお客様をご紹介いただいたり、お客様から電話・Webよりお問い合わせいただくことからスタートします。
お客様がどんなことを課題としているのかをヒアリングし、解決できるよう製品をご提供させていただきます。

Q2 メディアリンクに決めた理由

社員インタビュー(営業 Yurie)02

最終面接での社長のお話。

最終面接で松本社長に直接お話を伺ったことで、迷いがなくなったというか、決め手になりました。

仕事内容はもちろんですが、会社としての考え方であったり、今後のビジョンであったり、さらには社会人としての生き方であったり。なかでも印象に残ったのが、大企業とベンチャー企業を比較していただいたこと。
ベンチャーと大手、それぞれのメリット・デメリットを社長の視点から語っていただきました。

面接が終わったとき、「私はここで頑張っていきたい!」って思えたんです。就活を始めたときは名前の知れた大手がよかったんですけど、社長の話を聞いて「そうじゃないな」って。

Q3 メディアリンクで働いてみて

社員インタビュー(営業 Yurie)03

上司や先輩社員がイキイキと働いている。

本当に数多くのことを学びました。仕事のノウハウもそうですが、仕事に取り組む姿勢や助け合いの精神、最後まで諦めないことなど、特にマインドの面で多くの学びを得ました。
仕事内容はITの知識が必要となり、決して簡単なものではありませんし、忙しいことも厳しいことも多いです。
そんな中でも上司や先輩方は楽しみを見出してイキイキ働いており、私も自然と頑張ろうと思えるような環境です。そんな環境で入社1年目から働けていることにありがたみを感じており、後輩にもこのメディアリンク精神を伝えていけるような先輩になりたいです。
また、これまでは上司や先輩に助けてもらうばかりでしたが、これからは自分の担当する分野のプロとなって、メディアリンクから求められる存在になりたいです。入社当時の素直で謙虚な気持ちを忘れずに、働いていきたいです。

Q4 メディアリンクで実現したいこと

社員インタビュー(営業 Yurie)04

営業として「感動とHAPPY」を提供したい。

メディアリンクの一社員として、少しでも多くのお客様に経営理念である「誠実なシステムソリューションで、関わる全ての人に感動とHAPPYを」を提供することを本気で実現したいです。
経営理念に共感して入社したにもかかわらず、入社1年目、2年目は上司や先輩に頼ってばかりいました。
もちろん、2年間で任せてもらえる仕事は格段に増えましたが、これまで担当した案件を自分ひとりで成し遂げたと自信を持っていえることが少なく、案件をやり遂げることの難しさを痛感しています。
この経営理念を実現するために、自分の役割をきちんとこなし、チャレンジ精神を持って日々の業務に取り組み、経験を積んで一人前の社会人となりたいです。

Q5 就活生へのアドバイス

社員インタビュー(営業 Yurie)05

「ここで働きたい!」と思える会社に出会うまで。

「ここでいいや」って妥協せず、自分の満足がいく会社が見つかるまで就職活動を続けてほしいと思います。最初のピークで、4~6月に内定が出る子もたくさんいると思います。でも、周りの友達が内定をもらっても焦ることなく、納得がいくまで続けたほうがいい。
私も、数社から内定をいただいたのですが、しっくりこなかったから就活を続けて、最後に「ここで働きたい!」って思える会社に出会えましたから。

Q6 こんな人と一緒に働きたい

社員インタビュー(営業 Yurie)06

元気な人!

元気な人って、周りを元気にできる力がありますよね。私もそうありたいと思いますし、そういう人と一緒に働きたいなって思います。

採用担当に聞く「Yurieさんってどんな人?」

営業 Mugen

営業
Mugen

第一印象から決めていました。もちろん、面接での印象も抜群。会話のテンポが非常にスムーズで、お客様に好かれるだけでなく、信頼してもらえる営業になるだろうなと感じました。また、表面的な印象だけでなく、学生時代の活動に関しても努力を継続する力が備わっていることが十二分に伝わってきましたので、「メディアリンクChildren」の一期生としてぜひ入社してもらいたいと思いました。間違いなく看板娘になってくれるだろうと確信できたのが、内定を出した理由です。

他のメンバーを見る

  • エネルギッシュな環境を求めて。 エンジニア Masanobu
  • ここには、目標になる人がたくさんいる。 エンジニア Junya
  • 本当に、人に恵まれた職場です。 エンジニア Shinnosuke
  • 私はここで、頑張っていく。営業 Yurie